MOMOTARUI WEB

レーシングスキー 第五話 後編

僕は練習に励んだ。昼はもちろんの事、夜は自由参加のナイター練習も必ず参加した。この後半合宿の最後にはインターハイ予選が待っているからだ。大阪にある高校スキー部が全て集まる大会で、入賞すればインターハイに出場できるというものだ。そして大阪といえども大会に参加する人数は、高校生男子だけでも300人を超える。女子や中学生も同じ場所で行われるので、非常に大きな大会であり試合である。

もちろん僕も参加する。もらったゼッケン番号は290番台だった。そして僕の試合の結果は散々たるものだった。キャプテンは7位と惜しくも入賞を逃したが、素晴らしい成績だ。1年生女子も上位に食い込む予想以上の成績を収めていた。僕はゼッケン番号通り290番台の成績だった。コースアウトした人や棄権した人を含めると、ほとんどビリだった。

僕は人生で初めて、悔し涙を流した。自分の事しか考えずアルペンを志望した事や、キャプテンが忠告してくれた事や、僕なりの必死の思いで練習した結果がこれだ。救いようのない結果が僕を打ちのめした。あふれる涙を抑える事ができなかった。「絶対、1番になってやる」その思いは空しくも消えそうになっていた。


つづく
  1. 2005/10/22(土) 01:41:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<レーシングスキー 第六話 | ホーム | レーシングスキー 第五話 前編>>

コメント

前記事が携帯から見れなかったのでパソから来たら、後編が!!
も~続きをチェックしなければ、気になって気になって仕方ないです!!
  1. 2005/10/20(木) 15:46:50 |
  2. URL |
  3. ななえ #GPvJbiWg
  4. [ 編集]

前半

やはり見えないです^^;
すみません。σ(^◇^;)。。。
後半の感想は…うん!でもやりたくない方を嫌々やるよりはその悔しい思いをバネに成長した方が絶対いい。
順調すぎる人生なんて平面だよね。
  1. 2005/10/20(木) 16:27:30 |
  2. URL |
  3. 魅夜 #MAUeFodI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://momotarui.blog25.fc2.com/tb.php/31-f121e097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)